大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【雨漏り現場調査】雨漏りと思いきや

2016年09月13日

9月13日

水が介在する建物の不具合に雨漏りがありますが、実は漏水だったということもあります。

過去に雨漏り修理を施工させていただいたお客様からTELがはいりました。

『また雨漏りしている!』とのこと。

早速駆けつけてみました。

状況および構造は鉄骨造の1階部分の天井から雨漏り、持っている箇所の真上は屋上となっています。そしてそこには増築の建物があります。

単純にここまでですと屋上防水の不具合かな?と思ってしまいますが、漏っている部分は建物の中心付近、壁際はありません。そして漏れている量が大量です。

この案件を見に行ったとき、雨は降っていませんでしたが、上からポタポタ水が垂れてる状態。

早速、屋上防水を確認してみましたが、特別不具合は無し。増築している建物に入ってキッチンの床収納をはずしてみてみると…

p4120007 p4120004

シンクの排水ジャバラが入っているであろう塩ビ管がずれてしまっています。そしてその下の床はびしょびしょです。

そう、お客様が雨漏りだと思っていたのは排水管が外れてしまったために発生した漏水でした。

1回雨漏りを経験してしまうと心理的に雨漏りではないか?とおもってしまうのは人の心理なんですね。

こういった事はお客様だけではなく、自分自身にもあてはまるのだと改めて気が引き締まりました。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会