大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

雨漏り修理現場: 壁止まり役物

2009年09月28日

月曜日、9月5日のブログhttp://suncolourk.blog90.fc2.com/blog-date-20090905.htmlでアップさせていただいたお客様の雨漏り修理初日です。

壁はINAXのベルパーチという工法でサイディングを張ってその上にタイルを接着させるという弊社では初めて扱う外壁工法です。

タイルを剥がして、サイディングを剥がしました。

 

kaitai 

壁と屋根との取り合い、通常、壁止まり役物という板金部材を使用していますが、この写真では見あたりません。

この状態では雨が降ると必ず水が入ります。

このあと、断熱材をとってみるとシロアリの被害も確認されました。

雨漏り修理+木材の補修、補強、+シロアリ駆除

と大きな工事になってしまいます。

 

この雨漏りの原因は新築時における壁止まり役物を使用していなかったためと判断されます。

板金部材一つ、壁止まり役物を使用していれば防げたはずの雨漏り、屋根屋さんであればここから雨が入るのは絶対わかっているはず。

建物に携わる職人としてこのような仕事をみると非常に残念です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会