【大田区住宅リフォーム助成事業】リフォーム工事で助成金

6月10日

今日は少し趣を変えてお客様のためになる情報をアップさせていただきます。

『平成27年度住宅リフォーム助成』についてです。

参考URL→http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/sumai/j_josei/jyutaku_reform_jyosei.html

大田区では毎年、リフォーム工事に伴う助成を行なっています。弊社のお客様でもご自分で申請して助成を受けている方もいらっしゃいます。

工事内容は

①バリアフリー、環境配慮、防犯、防災対策に該当するリフォーム工事 助成率は工事費(税抜き)10%または上限20万円

②大田区の他の助成制度・保険給付制度を活用したリフォーム工事 助成率は工事費(税抜き)の5%または上限10万円

③吹付アスベスト除去工事 助成率は工事費(税抜き)の10%または上限30万円

ということです。

例えば①の場合、この中でひとつでも該当する工事を施工、それにあわせて外壁塗装や屋根塗装を施工すると合計金額(税抜き)の10%または上限20万円が助成されるという内容です。

しかし、遮熱、断熱塗料を使用した塗装工事だけでは助成にはあてはまらないとのことです。(6月9日大田区に問い合わせて確認しました)

ということは、例えば、玄関の壁に手摺りを付ける工事を外壁塗装や屋根塗装と同時に施工すれば対象になります。(これも大田区で問い合わせて確認しました)

外壁、屋根、シーリング工事で150万円、手摺り工事で5万円、合計155万円(税抜き)の工事の場合、その10%が大田区から戻ってきます。

155万円+消費税12万4千円=167万4千円ー助成金15万5千円=151万9千円

で納ります。

大きい金額ですね。消費税が8%になって一気に税の負担が大きくなった感がありましたが、税抜き155万円の工事が税込み151万9千円で施工できます。

ただし、これは現在施工中の工事には適用できません。また、工事代金を精算後に助成金が振り込まれます。

適用を受けるには事前に大田区の窓口に仮申請に行かなければなりません。そこで仮申し込みをして工事を施工、完了して助成金の申請となります。

もう一つ注意することは、この助成の申し込み要件には→大田区内の中小業者に発注すること とあります。

どうでしょうか?なかなかお得な制度だと思いますが、いかがですか?今年度は予算を増額して4000万円の助成予算があるようですが、すでに申し込み多数で年末頃には予算を使い果たしてしまいそうな勢いだそうです。

ご興味のある方はお早めにご検討いただければと思います。

また、『うちは対象になるの?』などご不明な点などございましたら

フリーダイヤル0120-56-1618

またはお問い合わせフォーム

からご連絡いただければと思います。

『申請って面倒だな』と言う方もご安心下さい。私たちはこの申請も代行させていただいております。

Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)