大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【雨漏り散水調査】木造3階建ての雨漏り調査

2015年03月29日

昨日、今日と大田区で雨漏り散水調査を実施しました。

木造住宅3階建て、建物の真ん中が吹き抜けになっている素敵な建物です。その吹き抜け部分、1階のFIX窓上からの漏水です。建てた建築屋さんが数回にわたり手直しをしているということですが、未だに治らない雨漏りです。

まずは現場確認をさせていただきましたが、吹き抜けに4方サッシがあります。そのサッシは建てた建築屋さんが手直しの時に打ったシーリングのようです。

IMG_2772

角にサッシがある場合、2次防水処理が甘くなる傾向がありますので要注意です。そのほかにも貫通部が多数あるので散水調査のお見積りを作成させていただきました。

 

そしてお待ちいただくこと約1ヶ月、やっと調査の日がやってきました。

DSC02959

1階サッシから散水していきます。

DSC02981

ここは3階吹き抜けの一番上、プラスチック製のグレーチング?が乗っている部分です。この部分に散水して約1時間。

DSC02989

1階のFIX窓上に漏水が確認できました。

DSC02994

散水調査2日目、笠木部分に散水です。

DSC02997

写真ではわかりにくいですが、クロス(壁紙)の茶色くなっている部分から水がにじみ出てきました。昨日とは侵出する場所が近いですが違います。

DSC02999

そして掃出し窓に散水。こちらは漏水しませんでした。

こうして数多くの場所の散水を実施してやっと侵入する場所の特定ができました。長年雨漏りに悩まされてきたお客様。今回の調査で雨漏りの場所が特定できてホッとしておられました。

まずは建てた建築屋さんにこの結果を言って、どのように修理するか?をお聞きするそうです。

今回の調査で雨漏りの主原因も特定していますのでそこをケアすればいいのですが、スペース的に狭いので難しい作業になることは間違いないです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会