大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

熱中症でダウン…復活へ!

2010年09月24日

昨日の続きです。
 
さて、病院から帰ってきてそのまま休める~
なんて甘くはありません。
 
2時間ほど仮眠をしてから
出社。
起きた時、身体が鉛のように重たい…
足のつりは点滴後発生していませんが、
足の筋肉がこわばっている状態。
 
今日のミッションは
細かい部分の解体残をきれいに処理して
雨に備えて仮防水という内容。
 
ルーフバルコニーに施工しているタイルを解体しただけなので
基本、防水層はあるのだが、その防水層がダメで
今回の雨漏りとなっているので
その辺をちゃんと処理しなければいけません。
 
そしてまた私に襲いかかる残暑!
すでに開始1時間程で今日は手がこわばってきた…
なんとか午前中に終わらせないといけません。
というのも、午後から雨漏り現調のお約束。
汗だくでご訪問するわけにも行かず、
逆算するとやっぱり午前中で作業を終わらせなければいけません。
 
昨日の教訓から水分をたっぷり補給。
ペースはだいぶ落ちていましたがなんとか終了!
お客様にはご説明し
一旦帰社。
汗を引かせてから着替えて
雨漏り調査。
地元大田区中央です。
 
状況をお聞きして現場を確認。
室内に相当量の雨が落ちてくるとのお話しなので
去年他社様が施工した下屋部分が怪しい。
内トヨ式になっていて
下屋そっくり張り替えたのに
大雨が降るとまた漏るかもしれませんとのこと。
 
目的と手段が間違っているのではないかと
感じる発言に苦笑いしながら
調査の御見積ご提示のお約束をして一旦帰社。
 
食欲は全くなかったがコンビニ冷やしうどんを食す。
 
そしていっぱいになっている作業車の積み替え。
夜仕事の段取りです。
 
 
そう、こんな時に限って
栃木の矢板で夜間工事が入っているのです。
 
会社出発は5時と設定。
それまでたまった御見積を作成、送付。
 
予定通りに出発したけど首都高大渋滞。
首都高抜けるまで2時間。
約束の8時までにはとうてい無理。
 
遅れることをtelしてそこからはのんびり。
80km程度のスピードで真っ暗な東北道を北上。
 
遅れること1時間強。
現場に着くとまだまだ出来る状況ではない。
しばらく待機のあとやっと出番。
その頃には体調もだいぶ復活してきてしゃべるのも苦にならない。
 
涼しさも味方してくれて気分良くお仕事が出来ました。
 
 
そして朝方帰宅。
 
やっと布団に寝られる安堵感からか
熟睡できました。
 
 
とまあ、こんな感じで点滴を打った次の日も
動いていたわけです。
 
しかしさすがに限界というものを感じた日でした。
私の場合、限界にだんだん近づいていくと
他者の関わりを一切しなくなる。
というかする余裕がなくなる。
というのが正しいのかもしれません。
ツイートもしないし、TELも面倒。
ブログの更新も一切しない。
 
そのことに少しも焦りを感じませんでした。
 
そのくせ、ちょっと元気になるとすぐ絡みたがる。
まったくもってわがままな人間なんだなとつくずく思います。
 
 
しかし、今回、仲間、友人からいっぱい励ましのツイートを
頂きました。
 
自宅で起きて、何日がぶり(そんなに大げさではないですが)
にHootsuiteをあけてみたら
私宛に心配しているツイートや励ましのツイートがたくさんあって
びっくりしました。
 
本当のありがたい事です。
 
今回の『熱中症、足つっちゃった事件』
であらためて皆様に支えられているのだなと
感じました。
 
心から感謝申し上げます。
最後になりますが、七転八倒しているときに
電話で適切なアドバイスをしてくれた妻に
あらためて感謝いたします。
あなたのアドバイスがなかったらもっと大変なことに
なっていたかもしれません。
 
ありがとう。
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会