外壁塗装工事 金属製サイディングです

外壁塗装 川崎

こんにちは!午後からですが、晴れましたね!

今日は外壁塗装の現場に行ってきました!

久しぶりにサンカラーフルメンバーでの作業となりました。

上の写真は現場調査時の写真です。

金属製サイディング、矢切、破風板、軒天井、下屋とそれぞれ素材が違うので専用の下塗りをチョイスして作業します。

 

金属製サイディングは旧塗装がチョーキング(白化現象:触ると手の平賀白くなる現象です)しています。高圧洗浄でも落としきれないので念入りにケレン作業をしてからエポキシ系錆止めを塗装、その上に2液形ウレタン塗料を2回塗装します。

 

破風板も痛みがひどく、日当たり部分は旧塗装がなくなって木の肌が見えています。このまま塗装しても密着性に問題があるので木部専用下塗り材を塗装、上塗りは川上塗料の『ネオキング』を使用しました。通常はウレタン塗料を使用しますが、お客様のご要望で今回は『ネオキング』を使用します。

 

昔は(10年ほど前かな…)破風板と言えば川上塗料の『ネオシリーズ』を使っていました。一液ウレタンが世に出てからなかなか使用する機会がなかったですが、独特の肉持ち感とツヤが何とも懐かしいです。

 

軒天井は外部用クリアーで仕上げます。何とも言えない風合いがあって嬉しくなりました。

 

まだまだ作業は続きますが、先週の水曜日高圧洗浄、今週の月曜日は降雨のため3時まで、そして今日は1日作業が出来ました。

 

梅雨の時期に入ってしまい、お客様にはご負担をおかけしておりますが、1工程1工程丁寧に作業していますので、今しばらくご辛抱ください。

 

 

 

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。倉方

 

 

 

 

外壁塗装も私たちにお任せください!フリーダイヤル0120-56-1618

メールはこちらから


無料お見積りなど、お気軽にご相談下さい。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加