【雨漏り修理】屋根からの雨漏り まずは物干し台の移動からです。そしてまたあの屋根材…

2021年12月1日

今日から師走ですね。今年もあと1ヶ月です。そんな師走の慌ただしい中、地元大田区千鳥町で屋根からの雨漏り修理を施工させていただいております。コロニアル屋根の上に物干し台が乗っているのですが、植栽が大量にあります。この植栽から落ちる葉っぱや泥などが原因でコロニアルの縁切りが不良となり、屋根の下地である合板が痛み、物干し台+植栽の重みで屋根が抜けてしまったという状態でした。
しかも使われている屋根材がコロニアルネオという、如何ともし難い状態です。当初は雨漏りしている部分だけ修理するという方向でお話をしていたのですが、無数に割れているコロニアルネオの状況もご説明して全面葺き替えとなりました。

大量の植栽

着工前、この植栽を移動していただく必要があります。ここはお客様でなんとか頑張っていただきました。

植栽を移動していただきました!

ご発注頂いてから約3週間。すべて植栽を移動していただきました。本当にありがとうございました。そして11月29日に足場を設置して今日はその物干し台を移動する日です。

移動することが出来ました。

金曜日から屋根工事がスタートします。解体した廃材を置いておけない、資材を置いておく場所がない。という工事以外でも大変な現場ですが、安全第一で行っていきます。

Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)