【雨漏り修理】コロニアル屋根からの雨漏り修理

2020年6月23日

今日から雨漏りに伴う屋根葺き替え工事がスタートしました。朝方まで雨が降っていてヤキモキしましたが、昼間は晴れて絶好の屋根日和となりました。

雨漏り現場調査時:屋根裏から野路板を確認

雨漏り現場調査の時に屋根裏に上がり野路板を確認したところ雨漏りの痕跡がありました。

屋根裏から確認したところの屋根です

屋根裏部分の真上です。ケラバ板金と棟板金取り合いから雨水が浸入しているようです。

板金、コロニアルを撤去したところです

屋根を解体したところやはり野路板が雨漏りで傷んでいました。

傷んでいた野路板を撤去しました

野路板を撤去したところ現場調査時に見えていた野地板のシミです。

現場調査時、奥の方にも雨漏りがありました

現場調査のとき、奥の方にも雨漏りがあることはわかっていました。

奥の方の状況です

屋根裏奥の方の雨漏りしている付近です。手前の雨漏り部分と同様にケラバと野路板の取り合いから雨水が入っているのがわかります。

状況的にはこちらのほうが下地は傷んでいます

野路板をめくってみると破風板や垂木まで傷んでいました。

今回、こうして屋根を剥がしてみることによって雨漏りの原因、下地の傷み具合などが確認できます。傷んでいる部分を補修し、原因となっている不具合を発生させいない工事ができます。
これはカバー工法ではできない作業です。特に雨漏りしている屋根は今回のように下地が傷んでいることが想像できますのでワタシ的にはカバー工法はおすすめしません。

Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)