【外壁塗装】ALC壁面リシン仕上げを塗替え その1

2019年3月29日

屋根葺替え+内樋を外樋に変更する工事もお引渡しとなりました。
今日は現在進行中の外壁塗装工事現場からです。

ALC板間シーリングを増し打ちし、シリコーンシーリング部分にシープラを塗装したり、外壁テクスチャーであるリシンの補修をして微弾性塗料を塗装します。

そのままでは塗料をはじいてしまうシリコーンシーリング部分に『シープラ』を塗装しています。

外壁のテクスチャーであるリシンが一部なくなっています。

シーラーを塗装し、リシンを吹付けてガラをあわせました。

下塗りである透湿性のある微弾性塗料(ウールローラー専用塗料)を塗装しています。

シーリング、下地調整から下塗り(微弾性塗料)へと工程が移っていきます。単純に外壁塗装、塗替え といっても塗り出すまでにいろいろな工事があり、いい仕事、いい仕上がり、長持ちする塗装 のためにどれも手の抜けない大事な工事、工程です。

Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)