【50歳からのフルマラソンチャレンジ】第5回はが路ふれあいマラソンに参加しました

2016年12月17日
50歳から始めたフルマラソンチャレンジもすでに12回目となりました。50歳のときに2回、51歳で4回、52歳で4回、そして今年53歳になって2回目となるフルマラソンです。
このはが路ふれあいマラソンは第3回から毎年参加しています。
初めて参加したのは51歳の12月ですね。40キロ過ぎの最後の急な下りで脚がつってしまいしばらく動けなくなりました。結果は5時間1分!これがなければ初の5時間切り!

2回目は去年です。この歳は練習不足が顕著で最初から歩かないで完走が目的でした。途中、雪が舞う極寒の中でのラン。エイドの人たちが凍えているのが印象的でした。結果は5時間10分という記録でした。

そして今年は3回目。気温は-2°毎年こんな感じですね。

3週間前に30キロをキロ6分台で走ることができたので5時間を切りたいなと言う目標でした。
スタートしてしばらくは平坦。収穫が終わった田園風景をみながらのランです。私はこの風景が一番好きでこの風景の中を走れるのがはが路ふれあいマラソンに参加している最大の理由なのかもしれません。

益子町から茂木に入る10キロから20キロまでは登り基調。ダラダラと地味な上りがあります。それが終わると急な下り。29キロ過ぎには上り坂に中学生のハイタッチゾーンがあります。ここで元気をもらってあと12キロ!

ゴールに近づくにつれてまた広がる田園風景。エイドではいちごや水餃子、豚汁にお蕎麦でおもてなしされました。そして最後の気力を振り絞ってゴール!

いや~疲れました。

結果は目標の5時間を切ることができました。あわよくばと狙っていた自己ベスト(4時間47分)には1分及ばずという結果です。

ゴール後に振る舞われる豚汁も具だくさんで美味しかったです。
地域の皆様がもてなしてくれる はが路ふれあいマラソン。本当に大好きな大会です。

ありがとうございました。