大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【屋根葺替え】あの屋根材が...

2018年05月22日

今日は10年ほど前、ご自宅の外壁塗装と屋根葺替えを施工させていただいたお客様のところへ行ってきました。
ご依頼内容はご実家の屋根の一部が剥がれて飛んでるとのこと。
早速確認してみました。

落ちてきた破片です。建物を遠くから見ると『あの屋根材』が使われています。
当時はカバー工法では一世を風靡した材料です。そして屋根に上がるともっとひどいことになっていました。

上に上がると一目瞭然。痛んでいますね。表面が剥がれてしまっています。

こちらは御見積をご提示して着工を待っている現場です。同じ屋根材を使用しています。劣化度合いはこちらの方が進んでいますね。

いずれにしても塗装では対応できない状況です。濃い茶色の方はコロニアルの上にカバー工法。赤茶色の方は桟葺きの上にカバー工法でした。

こういう事例を見ると当時としては画期的でいい屋根材というふれこみだったのかもしれません。今のようにインターネットによる情報収集も出来ない時代でしたから使用してしまった施工店も多かったと思いますが、10年後、20年後を考えて使用する材料も吟味しなければいけないと感じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会