【屋根葺替え】あの屋根材が...

今日は10年ほど前、ご自宅の外壁塗装と屋根葺替えを施工させていただいたお客様のところへ行ってきました。
ご依頼内容はご実家の屋根の一部が剥がれて飛んでるとのこと。
早速確認してみました。

落ちてきた破片です。建物を遠くから見ると『あの屋根材』が使われています。
当時はカバー工法では一世を風靡した材料です。そして屋根に上がるともっとひどいことになっていました。

上に上がると一目瞭然。痛んでいますね。表面が剥がれてしまっています。

こちらは御見積をご提示して着工を待っている現場です。同じ屋根材を使用しています。劣化度合いはこちらの方が進んでいますね。

いずれにしても塗装では対応できない状況です。濃い茶色の方はコロニアルの上にカバー工法。赤茶色の方は桟葺きの上にカバー工法でした。

こういう事例を見ると当時としては画期的でいい屋根材というふれこみだったのかもしれません。今のようにインターネットによる情報収集も出来ない時代でしたから使用してしまった施工店も多かったと思いますが、10年後、20年後を考えて使用する材料も吟味しなければいけないと感じます。