【内装塗装工事】天井デッキプレートと壁ケイカル板の塗装 その1

2017年7月17日

世間様は3連休ですが、皆様いかがお過ごしですか。

私たちサンカラーはこのお休みを利用して普段出来ない塗装工事をするというのも対応させていただいております。

2回ほど雨漏り修理を施工させていただいたお客様からのご依頼です。今回の工事は8月の夏休み中の工事に向けて人数の把握と日数、塗料の使用量などをしっかりと見極め、待ったなしの夏休み塗装工事にむけてしっかりと段取るための前哨戦です。

7月15日作業1日目

現状です。天井にデッキプレートと鉄骨、そして壁はケイカル下地です。

お客様には事前に大事なモノを移動していただいております。どうしても動かせない大型機械はそのままです。しっかりとした養生をして作業開始です。天井が3.5mあるため脚立足場に足場板をわたして作業していきます。大きな脚立はたてるスペースがないため、6尺脚立での天端作業となってしまいました。これは非常に危険を伴うため安全確認のために下に必ず常駐して不安全ではないかをチェックしています。

ケレン作業です。

下塗りには2液エポキシ系錆止めを塗装します。

中塗り上塗りには1液弱溶剤シリコン塗料を使用しました。

天井の中塗りが終わった段階で壁面のジョイント部分にパテ処理をしています。

とここまでが1日目の作業となりました。

明日、天井の仕上げと壁、窓枠、ドア枠を仕上げる作業に入ります。