【屋根塗装】塗装前の高圧洗浄が大事

2017年6月19日

今日も暑かったですね。梅雨は一体どこに行ってしまったのか?というようなお天気でした。

そんな暑い日に少しでも涼しく?というわけではないですが、今日は屋根、コロニアル屋根の高圧洗浄をアップします。

高圧洗浄前の状況です。築20年程度です。ちょっと複雑なカタチをした屋根ですが、向いている面によって苔の有る無いがはっきりと分かれていますね。同じ屋根でも方角によってこれだけ差が出ます。

150kg/cm2+トルネードノズルで汚れや苔などをガンガン落としていきます。トルネードノズルが出る前は頑固な苔などは手でゴシゴシ落としていました。

洗浄途中です。しっかりと落ちているのが確認出来ます。

そして洗浄後の屋根です。表面の塗膜も落ちていますね。ここまでしっかり落とさないと数年後にハガレなどの不具合が発生してしまいます。戸建ての場合、高圧洗浄に費やす時間の半分以上は屋根を洗っています。

とかく塗ることにばかり目がいってしまいますが、高圧洗浄もしっかりとした塗装をするためには手を抜けない大事な工程なんです。

ここまできて、やっと塗装にはいることが出来ます。何年経ってもハガレのない屋根塗装を施工していきます。