【雨漏り現場調査】難しい納り

大田区にて雨漏り現場調査に行ってきました。木造住宅3階建てです。

pb220010

屋根の一部がバルコニーになっている作りです。漏水箇所はこの真下です。屋根のケラバとバルコニー腰壁の取り合いが3次元的になっていて納りが非常に難しい場所です。パッとみてこの納りで問題となるのはケラバ板金の下がり部分の端末が壁に入っていると言うことですね。ケラバ下がりに流れた雨水がそのまま壁内に入ってしまいます。

pb220012

この写真はその部分を屋根からみた(下の方)写真です。ケラバ板金にいろいろ細工しているのですが笠木とケラバの交差する部分に怪しい部分がありそうです。

建てた大工さんがいろいろやってくれていたようなのですがどうしてもとまらないとのことです。

こういった場合、即、板金に目がいきがちですが出入りのサッシ廻りや防水層などもしっかりと確認(散水調査)して雨水浸入位置の切り分けが必要です。