大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【雨漏り現場調査】スペース的に無理が

2016年10月05日

今日も雨漏り現場調査の記事です。

pa010025

鉄骨造の建物です。屋上に上がる鉄骨階段がありますね。ちょうどこの真下にの雨漏りしています。

pa010024

壁際と鉄骨階段ササラ部分を鏡でのぞいています。鏡を入れるのが精一杯のスペースです。これだけスペースが無い部分では例えば鉄骨階段の塗装や床面の防水施工もしっかりとした仕事はできないですね。

現に、このササラと防水の取り合い部分に穴があいているのが確認できました。仮にその部分に散水したら直下に漏水するであろう事は安易に想像できます。

しかしながらこの形をそのままにしながら防水施工をするのは無理があります。鉄骨階段のササラ部分を一旦切り離し、しっかりとした下処理+防水補修が必要です。

物理的に施工が難しい場所ほど雨漏りの危険が潜んでいます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会