大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【雨漏り】2次防水が。。。

2016年08月15日

2016年8月15日

数多くの雨漏りの現場に携わる機会が多い私ですが、正直、こういった案件ははじめてです。

P8020043

屋根裏ですね。雨漏りしているすぐ横に点検口があってのぞくことができました。

何か変ですよね。内側からシーリングしています。それにどう見てもグレーの部分、透湿防水紙には見えません。

懐中電灯を消すと隙間からグレーの隙間から外の光が入っているのがわかります。

P8020041

ちなみに反対の妻側の壁は一面真っ黒。光が届かないから黒いのではなくアスファルトフェルトがあると思われます。

ということは、こちら側には透湿防水紙やアスファルトフェルトなどの2次防水がないということになります。写真で見えているのはサイディングの裏側です。

お客様からお話を聞くとこちら側だけに雨漏りが発生しているとのこと。

こちらの妻側、屋根のケラバ部分から雨水が浸入しているのが写真からわかります。

何らかの理由で新築時に2次防水を施工しなかった?できなかった?忘れた?などいろいろ思考を巡らせますが、内側からシーリングしているということを考えると確信犯的に2次防水を施工しなかったといえるとおもいます。

過去にはアスファルトフェルトを上下逆に貼り込んでいるのは見たことがありますが、2次防水が全くないというのははじめてでした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会