大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【屋上防水】ウレタン防水通気緩衝工法の前段階

2015年05月06日

5月6日

いい天気ですね。さわやかで5月らしい気候です。そんな中、今日も現場は動いております。

今日は現在進行中の蒲田でのウレタン防水通気緩衝工法の施工をアップします。といってもまだ完成ではないので今日はその下地編となります。

DSCN0281

既存の屋上にはキュービクルがありました。こちらはお客様の方で撤去していただきました。撤去後は重量ブロックが鎮座、この重量ブロックを撤去しました。

DSCN0291

そのほか、残っているブロックやモルタルなどを撤去しました。

DSCN0304

スチール製の手摺りですね。アンカー処理をしてなかったのでグラグラ!アンカーでしっかり留めてからモルタルにて基礎を作りました。

DSCN0305

屋上の出入り口です。ここは鉄筋を入れて立上がりを作ります。

DSCN0309

オーバーフロー管を入れて

DSCN0311

モルタルではなくコンクリートを流します。

DSCN0318

立上がり完成です。取り合い部分には伸縮目地をもうけています。

さて、ここまできてやっと下地が完成しました。この後、乾燥してから高圧洗浄をしていよいよウレタン防水です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会