【外壁塗装】ALC+濃色の下塗り

5月1日

大田区東雪谷にて施工中の鉄骨ALC改修工事現場からです。

今回、外壁は濃色仕上げとなりました。一部淡彩色も使ってツートンカラーの仕上げとなります。塗っている自分たちも仕上がって足場のとれるのが楽しみです。

させここで、問題になるのがALC+濃色という組み合わせ。なぜ問題になるのかといえばALCパネルは多孔質で断熱性が高いのが特徴。そして蓄熱しやすい外壁材なんですね。日光の当る面、淡彩色なら外壁の温度上昇はある程度押えられますが、濃色ですと外壁の温度はもっと高くなります。そして高くなって問題になるのがフクレなどが発生しやすくなってしまうということ。フクレの原因は主に水分です。これをうまく排出してあげないと施工後のトラブルになってしまいます。

通常の微弾性では透湿性(湿気を外に排出する機能)はありません。そこで、今回チョイスした微弾性塗料は『シリコンクラフト』

シリコンクラフト

当然、普通の微弾性塗料のお値段では買えない代物ですが、付着性と透湿性を兼ね備えたこの微弾性でなければ濃色を塗るのは怖いですね。

DSCN0616

外壁塗装といえば今は微弾性+水性シリコンが主流ですが、下地、色によって材料を選定しなければなりません。何でもかんでも微弾性を塗ればいいって物でもないんですね。言い換えればそこがプロとしてのノウハウです。

DSCN0622