梅雨に外壁塗装?

6月14日は朝から雨…
関東地方は梅雨入りしましたね。
う~ん、毎年の事だがちょっとばっかし気が重くなります。
まあ、お天道様の事を愚痴っていても何も解決しませんね。
この梅雨も大きな目で見れば自分に恩恵として帰ってくる!そんな視点で今日の梅雨入りを迎えました。
と心が大きな人を装っていますが、内情は…外壁塗装の現場は中止、鉄部塗装の乗っ込みは中止、雨漏り修理での外壁タイル施工も中止、と目先の事を言えばキリがありません。
(結局愚痴ってるじゃん!ってツッコミが入りそうですが)
先日もお客様から
『いつ外壁の塗り替えをしたらいいの?』
と聞かれました。
私の答えは
「厳密に言えば空気が乾燥している冬がいいです」
とお答えします。(関東圏と考えてください)
では梅雨は?
あまり意識しなくてもいいのでは?と思います。
梅雨と言っても梅雨入りから梅雨明けまで毎日毎日雨が降っている訳ではありません。2~3日雨が降って2~3日晴れるというのを繰り返します。
それに、昨今の気象状況は梅雨以外でも長雨って結構あります。最近で言えば4月の長雨の時は一週間に1日しか晴れがなかったです。
そんな昨今の気象状況を考えると、梅雨の時期だからといって極端に意識して敬遠する必要は無いと思います。
施工に関しては弊社では雨が降りそうなのに無理して塗装したり、湿気がムンムンなのに塗装したりという事はありません。(デジタルの温湿度計を現場に持ち込んで確認)
その分、工期は余計にかかってしまいますが、夏本番の暑い時期にメッシュシートや養生に覆われているよりいいのではないでしょうか?
最後はお客様がお決めになる事ですが、
お約束できる事。
私たちはどんな状況でも塗装できる条件を揃えて塗装工事をさせていただきます。無理矢理や湿度を無視した作業はいたしません。
おっと、最後は宣伝になってしまいましたね。
でもでも、本当にこんな気持ちで作業に当たらせていただいています。
倉方

無料お見積り等は、お気軽にご相談ください。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加