悲しいです   の続きです

こんばんは!

今日は昨日の『悲しいです』の続きです。

 

 

今日、日本ペイントの方が現場に来てくれました。

そして、下地の確認と対処を検討しました。

 

 

下地は『塩ビ鋼板』

 

ハガレの原因はこの塩ビ鋼板の特性を良く理解しないで塗装をしてしまったために起きたこととわかりました。

 

 

 

『塩ビ鋼板』とは

鉄板のまわりに塩ビ製の樹脂で保護しているもの。

 

 

何でそれが原因でハガレるの?

 

塩ビの中に『可塑剤』という、物質をやわらかく加工しやすくする薬が入っています。

 

この可塑剤が塗料との密着を阻害しています。

 

 

よって、それ相当の下地処理をしないと結果としてハガレていしまいます。

 

 

 

現在は、塩ビ鋼板用のプライマーが開発されているのでしっかり施工すれば問題はないですが、これも常に新しい材料の情報をキャッチしていないとわからないです。(施工した当時は市販されていたのかは不明ですが)

 

 

とにかく、これで対処方法がはっきりします。

 

 

お客様も不安げな様子でしたが、メーカーの方が現場調査に来られたということで『安心』して施工をまかせていただけると確信しています。

 

 

このような事が無いように…

切に願うばかりです。 

 

 

 

ここまで読んでいただいてありがとうございます。倉方

 

 

無料お見積りなど、お気軽にご相談下さい。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加