【鉄筋コンクリート造の改修工事】浮きをエポキシ樹脂にて注入処理!※動画あり

2020年3月30日

今日は先日、浮いている塗膜を剥がした現場から、今度は外壁そのものの浮きを補修する動画をアップしました。

この作業も壁をすべて叩いて、その音で浮いているかどうかの判断をします。浮いている部分にはマーキングし、振動ドリルで穴を開けてからエポキシ樹脂を注入します。手間のかかる作業ですが、鉄筋コンクリート造(RC造)の改修工事には欠かせない作業となります。

Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)