【ルーフバルコニーの防水】高圧洗浄を施工しました

2020年3月10日

今日は一日雨でしたね。こんな日は高圧洗浄日よりです。

よく勘違いされますが、洗浄しているコンクリートは「押さえコンクリート」といって防水層を保護するためのコンクリートです。したがってこの「押さえコンクリート」下に防水層があります。この見えている部分にひび割れなどが発生しても防水層が切れているということではありません。
また、黒い目地みたいなものも見えますが、これは「伸縮目地」といってわざと目地を設けてコンクリートの亀裂を最小限にとどめる役目をしています。
この目地も経年で割れていたり、外れていたりする場合がありますが、だからといって=防水層の破断ということにはなりません。

この高圧洗浄ですが、しっかりと洗うことによってこの上から施工する防水の密着を良くするという目的はもちろんですが、汚れていてはわからない不具合を発見するという役目もあります。

Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)