【外装改修工事】ALCパネル+タイル張りの建物

2020年2月5日

先月末からスタートした大田区大森東での外装改修工事からです。足場も設置し、高圧洗浄を施工。そして昨日、外壁の仕上げであるタイルの割れや浮きを確認しました。

アルミの笠木とタイル面の取り合いシーリングが破断しています。

アングルを変えてみると笠木下のタイル小口が見えてしまう状況です。これでは少量の雨でもタイル裏に雨水が浸入してしまいます。

これは雨水が浸入してALCパネルが劣化し、タイルとともに落下する寸前という状況でした。

そのほか、タイルの割れも多数。ALCパネルの版間シーリングの上に張ってあるタイル、特に角の部分は多く割れています。鉄筋コンクリート造などに比べると建物自体の挙動が大きい鉄骨造ALCパネルの上にタイルを張っている宿命です。

裏の面は塗装仕上げとなっていますが、こちらもALCパネル版間のシーリングの劣化や割れなどが多数確認されました。

想定より下地調整に多くの時間がかかってしまいますが、オーナー様にお話し、しっかりとした工事をご提案、施工いたします。

Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)