【外壁塗装】雨戸・戸袋の鏡板も塗装しました!

2019年2月21日

西蒲田の外壁塗装現場も塗装工事がいよいよ大詰めです。外壁塗装も終わり付帯部分の塗装を進めています。今日は付帯部分でも塗ると塗らないとでは建物の雰囲気がガラッと変わる雨戸・戸袋の塗装をアップします。

まずは目荒しですね。左側は雨戸、マジックロンをあてている右側は戸袋の鏡板です。太陽光の紫外線や長年の風雨でこれだけ劣化の差が出ます。自然の力、恐るべしです。

プライマーとしてミッチャクロンを使用します。

ミッチャクロンを塗装中です。

今回、外壁以外の部分、弱溶剤シリコンを塗装する部位に使用する材料です。
カンペ 1液MシリコンHG この材料、通常は1液として使用できますが、『カンペ1液Mスーパー強化剤』を添加すると『皮脂軟化→手摺など人がよく触る部位』、『耐熱軟化→布団などを干す部分』、『紫外線が影響される部位→耐候性のアップ』などの性能がアップします。通常は1液、いざという時は2液というカンペお得意の材料です。私達サンカラーも通常は1液で使用し、手摺や笠木などの部位にはこの添加剤を使用して塗装します。

カンペ1液MシリコンHGを塗装中です。

乾燥後、上塗りとしてもう一度、塗装します。合計3回塗りです。

養生を撤去して雨戸・戸袋完成です。いい艶ですね。建物が引き締まります。

Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)