【外壁塗装】下塗り→中塗り→上塗りへ

2019年2月15日

昨日は内装塗装の様子をアップしましたが西蒲田の外壁塗装の現場では一昨日、昨日と外壁塗装の作業が順調に進んでいます。

外壁の下塗りです。リフォームサミット専用塗料 RSサーフ。
通常の微弾性塗料より通気性、密着性に優れています。通常の微弾性塗料はサコツローラー仕様となりますが、このRSサーフはウールローラー専用の塗料となります。

RSサーフ塗装中です。密閉力もありますね。

そして中塗り、上塗り塗料。これもリフォームサミット専用塗料のRSシルバーグロスSiです。少し前まで、耐候性が10年~12年程度の水性シリコン塗料だったのですが、カンペさんが頑張って中身のグレードがぐっと上がりました。こちらは期待対応年数15年です。1液の水性シリコンでは最上級の部類に入ります。

RSシルバーグロスSiを塗装しています。中塗りですね。

そして上塗りです。このRSシルバーグロスSi、仕上がり感がとてもいいです。通常の水性シリコン塗料の艶感ではなく、なんて言えばいいのか?弱溶剤シリコンを塗装したようなしっとりさっぱりとした感じに仕上がります。水性2液シリコン塗料と遜色ない艶感があります。

壁が終わると次は付帯部分の塗装に入ります。
こちらもタイミングを見てアップしますね。

Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)