大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【雨漏り修理】イエシロアリの猛威

2018年06月11日

雨漏りに携わっていると家の構造体まで修理することが多々あります。そんな中でも雨漏り+シロアリの被害は非常に甚大で多くの時間と費用がかかってしまいます。
今回の雨漏りも外壁塗装をする際に出墨サイディングを交換しようという事から発見された雨漏りであり、またサイディングを剥がしたところにシロアリの蟻道も確認されました。

桁のサイディングを剥がして痛みを確認しました。雨が浸入している形跡があります。またシロアリに侵されていることも確認されました。

当初、桁の下にある柱の被害を想定しておりましたがシロアリは外断熱工法の断熱材を通って桁まで上がっていました。そのお陰?かどうかは不明ですが柱自体に痛みは確認されませんでした。

しかし、柱ではなく桁にシロアリの被害が発生していました。

桁1本侵されていました。ここで不思議なのはここまで雨は浸入していないということ。
そしてこの段階でシロアリ駆除業者さんに見てもらったところ、この被害はイエシロアリの被害ということです。

今まで経験してきた雨漏り+シロアリは『ヤマトシロアリ』だったのですが、今回は『イエシロアリ』とのこと。ヤマトシロアリは濡れている木を食べますが、イエシロアリは自分で水分を持っていくことが出来るので雨漏りに浸食させていない木も侵してしまうということ。また巣自体も大きく地下に大きな巣があり、建物などに分巣(支店のようなモノ)を作り、雨漏りでもなんでもない部分まで被害が拡大するという非常にやっかいなシロアリとのこと。

そういった性質、特徴のあるイエシロアリなので雨が浸入していない部分まで被害が拡大してるのも納得できます。

させこのイエシロアリをどうやって退治するか?なのですが、シロアリ駆除業者さん曰く、毒エサを仕掛けて巣を死滅させる。とのこと。時間にして半年かかる場合もあるとのこと。そしてそのあとに防蟻処理する。という方法のようです。単純に雨漏り直して防蟻処理だけでは退治できないということです。

退治には費用も時間もかかるイエシロアリ。また被害が甚大なイエシロアリ。本当に厄介者です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会