大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【雨漏り調査】スチール製バルコニーから雨水浸入

2018年05月30日

今日は木造住宅での雨漏り現場からです。

和室の廻縁から壁面にかけて雨漏りしています。数年前から雨漏りがあったが、その時簡易的にシーリング処理をしたら雨漏りの頻度が軽減したとのこと。しかしこの1ヶ月ほどで壁面のシミが広がってきたのでサンカラーにご連絡が来ました。

外を確認します。縦樋の支持金具が動いている状況です。この状況はあまりいい状況ではないことを表しています。通常、ここには柱があってこの支持金具は外壁のモルタルを貫通して柱に効かせています。その部分が動くということは。。。

今度は基礎と土台部分を見てみます。蟻道のようなモノがあります。

今度はその上ですね。和室真上にはスチール製バルコニーが外壁に取り付けられています。

スノコを撤去して確認です。コーチボルトまわりや外壁との取り合いにシーリング処理しているのがわかります。

シーリングを撤去してみました。すると。。。
錆びて大きな穴があいているのが確認できました。ここはちょうどシーリング処理されていた上にあたる部分です。スノコから流れてくる雨水がちょうどあたる部分となります。

その他、この上の樋の支持金具が動くか?物干しのボルトにゆるみがないか?などを確認しましたが、目立った不具合がありませんでした。2階の室内にも雨漏りの痕跡はありません。

このことから、当該場所から下にいろいろ不具合があり、その上には不具合は見あたらない。ということはこの位置付近から雨水が浸入し、雨漏りを発生させていると推察されます。

散水調査だけではないこういった調査も雨漏りの調査となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会