大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【雨漏り現場調査】もしや内樋

2016年11月19日

今日の午後、雨漏り現場調査に行ってきました。木造住宅2階建てタイル貼りの外装です。晴れていれば屋根に上がって状況を確認したかったのですが、雨上がり、しかも屋根材はカラーベスト。トライしようかと思いましたがあまりにも危険なので晴れているときに再現調という流れになりました。

pb190034

写真は雨漏りしている上の部分。正面から見ても樋が見あたらない。そして建物の横にステンレスの飾り枡が付いています。この作り、もしや内樋かも。

pb190029

こちらは室内側の写真です。激しい雨の時に相当な量の漏水があるとのこと。

この二つの状況を考えると。。。雨量の多い雨の時に内樋に流れ込む雨量が多く、オーバーフロー、または内樋つなぎの部分から水位が上がったための漏水という可能性があります。

いずれにしても次回の再現調の時にしっかりと確認したいと思います。

それにしても内樋からの雨漏りって多いですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会