大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【雨漏り現場調査】増設トップライトからの雨漏り

2016年09月19日

先日、増築したトップライトの付近から雨漏りしているとのご連絡をいただき、早速見てきまました。

増築した際に、既存母屋の屋根にトップライトを増設したという作りです。

p8300003-2

まわりの瓦を剥がしてみると、瓦残に水がまわっているのがわかります。

p8300004-2

さらにその上も剥がしてみましたが、濡れている形跡はナシ。ということは。。。

p8300005-2

そうです。トップライトのまわりを雨仕舞している板金の合わせ目から雨水が浸入している可能性が高いです。

増築してから20年程度、通常の雨では雨漏りしなかったという事ですが、この納め方では室内に漏水が確認されなくても板金下には雨水は到達していたはず。

そして長年の浸水、建物の経年とともに瓦残の釘穴やここの2次防水処理の不具合から雨水が浸入していったと推察されます。

トップライトは屋根に穴を開けていると同じ事。しっかりした2次防水処理が必要となります。特に、この部分は3次元的に雨水が浸入しないように処理をしなければ行けない場所です。例えば、3次元的に止水できるフラッシュテープなどを併用してしっかりと止水処理しなければいけません。

雨漏り修理における再施工の際にも細心の注意を払って作業することが求められます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会