大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【雨漏り現場調査】FRP防水からみの雨漏り

2016年08月21日

2016年8月21日

今日も暑いですね。こんなに天気がいいのに明日は台風9号がやってくるなんて。。。まったく想像もうできません。

そんな中、3年前に外壁から雨水浸入して雨漏りしていたお客様宅にご訪問してきました。目的は雨漏り。とは言っても再発ではなく、今回は駐車場天井に雨水浸出するという内容。その上にはバルコニーがあります。

さっそく確認させていただくと

P8210001

分かりづらいですが、FRP防水面とドレンの取り合い部分が破断しています。ちょうど散水栓とホースがあるのでピンポイントに水をかけてみると。。。

P8210005

1分もしないうちに雨水浸出してきました。

少なくともこの破断部分から雨水浸入しているのは間違いないですね。

それ、雨漏りの原因がわかったと単純に考えてはいけません。写真にはポーチ枡があります。縦引きドレンが駐車場天井を抜けてこのポーチ枡に入っている構造なのですが、このポーチ枡にも注意が必要です。

P8210006

はずして詰まりを確認しています。このポーチ枡の詰まりがあると構造的に大量の雨水が天井にまわって雨漏りの被害が拡大します。(目に見えないオーバーフロー系の雨漏りですね)

ちなみにですが、本来はベースが天井部分にビス止めされてポーチ枡だけがとれるのですが、雨漏りで天井材がもろくなっていたためベースもとれてしまいました。

お客様からお話を聞くと1年前程度から天井から雨水が浸出していたとのこと。そして先日の大雨で天井に付いている照明器具からも雨漏りしてきたのでこれはやばい!と思ってご連絡いただいたという次第です。

そしてなぜここまで大きく破断したのか?を考えてみました。約1年前から若干ではあるが雨漏りしていた。最初は破断も小規模だったのだろうと思います。そして雨が降る度に下地のコンパネが濡れて痛んできます。痛んだコンパネとFRP防水の密着が損なわれ破断が大きくなっていったと推察されます。

今回の雨漏り、ドレンとFRP防水の取り合い破断部分からの雨水浸入は間違いないところですが、それ以外もあるかも?という視点となぜそうなったのか?という思考を巡らせることが大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会