【屋根葺替え工事】断熱仕様を施工中

2016年3月16日

3月14日月曜日に足場を設置したお隣様。今日から屋根工事スタートです。

DSC09426

まずは解体から。やはり貫板が傷んでいますね。この状態で塗り替えるとしても貫板だけは交換が必要でしたね。

DSCN0830

屋根材を剥がしていきます!こうして剥がすと下地の痛みなどが分かり、補修して新しい屋根材を葺くことができます。

DSCN0860

でここからが今までの屋根葺替えとは違う部分です。垂木を入れます。

DSCN0880

そして3cmの断熱材を入れます。

DSCN0882

先に打った垂木の高さと断熱材の高さの差を利用して通気層つくりました。

IMG_5521

おきまりの改良アスファルトルーフィングを葺いて今日はここまでとなりました。

いままではカラーベスト、コロニアルでしたが、勾配の緩さを考慮して桟葺きを採用させていただきました。さあ、明日は3階部分の壁となっているカラーベスト、コロニアルを剥がします。