【外壁塗装】雨戸に隠れている部分まで

2016年2月15日

昨日は春一番というかわいい名前には似つかわしくない大荒れの天気でしたね。今現在足場が3棟架かっている状態でしたので風の影響を受けてしまう現場は足場のメッシュシートをたたみました。何かあってからでは遅いですから。

さて、今日は現在進行中の外壁塗装の現場からです。

DSCN0773

ほぼほぼ仕上がってきているお隣様の外壁塗装現場、いよいよ最終段階の雨戸吹付けの段取りに入ってきました。そしてこのときに出てくるのが雨戸に隠れているこの細い部分、雨戸を全開、全閉にしても表に出てこない外壁の一部です。当然、雨戸を外さなければ塗ることができない部分です。

DSC09115

外壁塗装と同じ仕様で塗装します。当たり前といえば当たり前なのですが、普段絶対に表に出てこない部分なので紫外線の影響を受けることはありません。業界的にいえば『色が付いていればいい』部分なのですが、こういった隠れてしまう部分だからこそ、その会社、職人さんの本質というか想いが表れます。当たり前のことなのですが当たり前にできていない業者さんがいることもまた事実です。

外壁塗装の業者さんは多数ありますが、こういった部分まで手を入れるのか?まで気にされて業者さん選定の基準にしていただければと思います。