【玄関ドア塗装】木製の玄関ドアリニューアル塗装

今日は約2ヶ月お待ちいただいた玄関ドアのリニューアル塗装の事例をアップいたします。

現場は大田区東雪谷です。現状、ドアの表面が白ぼけてしまっています。

DSC07834 DSC07833

通常、このような状況になる事を『かぶる』と表現します。どんな塗料でも起こりうる現象ですが、

①冬場、屋根などを夕方まで塗装して霜が降りて白っぽくなってしまう。

②降雨時、または雨上がり直後などの多湿条件で塗装した場合。

など、湿度、温度が大きく関係しています。

今回の現場は直接雨の当たらない場所ではありますが、やはり湿度や温度の影響を受けますので、昨日、(9月25日)の施工は取りやめました。

DSC08867 DSC08868

この写真は施工1日目。まずは全面ペーパーをかけました。思った以上に痛みは激しくないので表面のクリアーを入念にペーパーを当てて白ボケした部分を除去しました。

その後、ほこりを払ってアルコールにて拭き上げ。濡れ色になった状態を確認してから1回薄めの色で染色しました。

よく乾燥してから外部用クリアーを1回塗装。ここまでが1日目の作業。

玄関ドアの塗り替えの場合、1日ペーパーをかけているって事も多々あります。場合によっては剥離剤を使用して表面のクリアーを落とす。と言うこともあります。そのときの状況によって下地をどこまで落とすか?の判断が難しいです。

DSC08928

一昨日に作業を開始した今回の現場、今日は仕上げの塗装です。1回目の塗り(かすれやかぶりがないか)を確認しながら軽くペーパーかけ。そしてまたアルコールで全面拭き上げてから2回目のクリアーを塗装しました。1回目のクリアーでも結構ツヤ感が出ていましたが、2回目はさすがに良いツヤが出てますね。

DSC08930 DSC08935

お客様に確認していただいたところ、大変喜んでいただきました。

ドアノブ、鍵などを復旧。

大田区東雪谷での玄関ドアリニューアル塗装、完成です。

ありがとうございました。