大田区池上 外壁塗装のひび割れ修理

現在進行中の現場です。

結構ひび割れがありまして。。。

今日はその補修の様子をアップします。

Uカット後にプライマー

サンダーを使用してUカットします。そしてそのまわりのテクスチャー(柄)も落として平滑にします。

ウレタン系シーリングを充填シールをもう1回

Uカットした部分にウレタン系シーリング充填します。1回ではシーリングが痩せてしまうので2回充填します。

カチオン系樹脂モルタルをしごきます シーラー塗装

シーリングが乾燥したらカチオン系樹脂モルタルをしごきます。

そしてシーラーを塗装します。

アクリルタイルでテクスチャー吹き付け 吹き付け後、ヘッドカットして柄をあわせていきます

シーラー乾燥後、アクリルタイルを吹き付けます。現状のテクスチャー(柄)を見ながら吹き付けていきます。

吹き付け完了後、アクリルタイルが乾燥する前にヘッドカットして最終的にテクスチャー(柄)をあわせていきます。

と、まあ、こんな感じで大きなひび割れ、構造上おきてしまうひび割れを補修していきます。細いひび割れでも躯体の動きで発生しているものは防水紙のところまでひびが入っていますのでUカット処理が必要になります。

塗装する前の大事な作業です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。