雨漏り修理に伴う外壁塗装…その本工事前に

ブログ2013
6月20日
やっぱり今日も雨でした(>_<) 先週といい、今週といい梅雨と言うより秋の長雨系の降り方ですね。 まあ、そんな中、午前中は何とか降らなかったので 昨日足場を設置した現場に行って 雨漏り対策をしてきました。
ALCつなぎ目からの雨漏り

ALC板の上下つなぎから水が入っている雨漏りです。

新築当時、このつなぎに足場の控えをとっていたようです。
しかもそこも割れている…

この面に雨が吹き付ければ結構な量の雨漏りにつながります。

足場が架かったので
簡易的に補修しました。

週末、台風の影響を考慮してメッシュシートなどは月曜日に段取りをしています。

その週末の雨に備えての簡易補修です。
あくまで簡易なのでシーリングなどは打ちません。

あ、肝心の補修した写真を取り損ねてしまっていますm(_ _)m

ちなみに、鉄骨ALCの建物はこのパターンの雨漏りは
よくあります。
今回は塗装仕上げだからひび割れがすぐわかりますが、タイルなどを施工していてそのタイルが割れていない場合などは原因発見に苦労する業者さんも多いのではないでしょうか?

なんて偉そうなことを言えた立場でもないですねm(_ _)m

雨漏りは先入観を捨てて挑まなくてはいけません。

自戒の念を込めて…

無料お見積り等は、お気軽にご相談ください。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)