熱中症でダウン…

ぬおぉ~!
一週間もブログを更新していなかった~!
 
というのもいろいろありまして…
言い訳から入るのも何なんですが、
今週初め、雨漏り修理の現場がスタート!
 
それと同時にスタートする現場がもう一つありまして、
そりゃ~朝から気合いが入っていた次第で
そしてその気合いのまま雨漏り修理の現場にて解体作業。
 
そこはルーフバルコニーだったので解体材をロープで
おろさなければいけませんでした。
 
一旦涼しくなってまたぶり返した猛暑!
私の気合いも大量の汗とともに流れ出し
午前11時過ぎにはすでに手や足に『こわばり』
が出てきてしまう始末。
 
それでも午前中になんとか解体材をおろさないといけないと
無理をしたのがさらに追い打ちをかけて
午後からの作業は右足に違和感を覚えながらの作業となりました。
 
 
そして迎えた夜。
水分は結構身体に入れたつもりだったのですが、
昼間の半熱中症が響いたのか
右足が頻繁に『つる』状況に。
 
体制を入れ替えようとすると左足が、
うぅ~っとうなっていると今度は腰が、手が
次々に悲鳴を上げて行きます。
私もたまらず『いたたたぁ~』と叫ぶ始末。
 
救急車を呼ぶのも恥ずかしいし、
ちょっと良くなったタイミングでタクシーを手配。
そのまま病院へ
 
ほどなく診察、血液検査と点滴とのこと。
血液検査では数値がどれも高い!
先生曰く、足や手のつったような痛みはは熱中症による脱水によって
筋肉の細胞がどんどん死んでいっている時の症状とのこと。
血液検査でもはっきり現れているとのお話し。
 
そしてそこから5時間。
病院のベットで半分寝てるような半分周りの音を聞いているような
妙な感覚で朝方まで過ごしました。
 
若い頃から夏場のハードワークの時にはよくある症状でしたが、
今回は今までと違って夜に来ましたね。
 
この猛暑をなんとか乗り切ったかなと思ったこの時期に
自分が熱中症で病院に行くとは…
思いもよらない事態でした。
 
油断があったといえば、
あったというしかないでしょう!
外気温30℃程度なら大丈夫!
なんて甘く見ていたのが今回の結果です。
 
そしてなにより、気持ちで乗り切ってきた頃と
間違いなく身体は衰えているのだなと
感じました。
 
何も事も甘く見るなかれ。
 
でした。
 
 
倉方

無料お見積りなど、お気軽にご相談下さい。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. おかーぽん より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    死ぬよ……死にたくなかったら自己管理をしっかり!