大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

事務所からまた雨漏り???:完成編

2010年08月04日

30日のブログではボードを貼っているところまででしたが、
今日はその完成編です。
 
 
2207311 
30日のブログはこの状態、パテの乾き待ちを使って更新しました。
 
既存天井と補修したボードの取り合い(ジョイント部分)にファイバーテープを貼って、パテを打ちます。
 
このパテは下地用のパテで通常は粉末状態です。使用するときに水を加えて練って使用します。
 
この後、既存天井と補修したボードの段差を確認しながら、下地用のパテか?仕上げパテか?を選択します。
 
今回は下地用パテ+仕上げパテ1回の仕様で下地調整をしました。
 
 
2207312 
パテ処理が終わった段階で専用シーラーを塗布。乾燥したら珪藻土を施工。この写真は施工直後のまだ乾燥していない状態です。この後、乾燥後、照明器具を復旧。
 
2207313 
 
やっと完成しました。
 
照明器具の復旧は結局次の日になってしまいましたが、湿式工法の宿命と思い、当日復旧はあきらめた次第です。
 
 
 
しかし、実際、こうして漏水が起こるやっぱりストレスになりますね。
 
照明器具を外したとき、天井のボードを触ったとき、剥がして中から水が出てきたとき、思い出すだけで絶望感にさいなまれます。
 
この感覚、雨漏りしているお客様はもっともっと強く感じている。
 
雨漏り修理に携わるものとして強く心に刻まなければいけない!
感じました。
 
 
倉方

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会