内装塗装:木枠塗り替えのちょっと一手間

今日は前から予定が入っていた大田区は北馬込で内装リフォームにともなう木枠、廻縁、巾木、浴室天井壁等の塗装工事に入りました。独立当時からお世話になっているリフォーム屋さんからのご依頼です。

mokuwaku1

ここの現場、壁紙(クロス)を貼り替える予定とのこと、早速ペーパーをかけてパテにて下地調整。

mokuwaku2

ここで一手間。壁紙(クロス)を張り替えるときは必ず木枠(廻縁、巾木なども含みます)と壁紙(クロス)との取り合い部分をカットして塗装する木枠と剥がしてしまう壁紙(クロス)の『縁』を切ります。

mokuwaku3

こんな感じで壁紙(クロス)をカットしてから塗装します。

この作業をすることにより壁紙(クロス)に隠れている部分まで塗装できます。

薄い壁紙(クロス)とはいえこの作業をしないで剥がすと壁紙(クロス)の厚み分だけ塗装していない木枠部分がしっかり出てきます。

ということは、クロス職人さんはこの塗装していない木枠を新しい壁紙(クロス)で隠そうとするため、取り合い部分が『もっさり』とした収まり?要するに壁紙(クロス)が木枠にかぶってくる。そんな収まりになってしまいます。

このちょっとした一手間(木枠、巾木、廻縁など全部なので結構な仕事量となりますが…)が塗装工事の出来映えだけでなくリフォーム工事全体の出来映えに関わってきます。

 

それにしても、今日の現場は結構手強かった…午後から外壁塗装チームが合流してくれたからすんなり収まったが、一人ではまだ作業しているんだろうな~

 

まさにパワープレー!

無料お見積り等は、お気軽にご相談ください。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加