大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

外装パネル補修

2010年01月18日

いい天気が続いていますが、寒いですね~

う~ん、最近お仕事ネタがないな~

と思って、今日は外装パネルの補修現場の様子をアップします(^_^)

といっても今日の作業は私ではなく『補修屋さん』といわれている職人さんに入ってもらいます。私はというと、現場管理で立ち会いました。

 

パネル1 

キレイな外装パネルに凹んだ後が跡があります。しかもメタリック!これは手強いです!このメタリックというのがやっかいでして、たとえ同じ材料(塗料)で吹き付けても吹き付ける人が変わると全く違って見えてしまうという代物。

ここは意地を張らずにその道のプロにお願いしようと言うことになりました。

パネル2 

凹んだ部分を脱脂してペーパーをあててパテ処理をします。

パネル3 

乾燥後、余計な部分を削ってから下塗りとなるサーフェーサーを塗装。

パネル4 

そのサーフェーサーをまた削ってから

パネル5 

メタリックの塗料を吹き付けていきます。

パネル6 

これが仕上がりです。ここまで仕上げるのに上の行程を何回も何回も繰り返して既存部分と色の差異を無くしていきました。

 

キレイですね!遠目で見ても全く色の差異は分かりません。

 

1.8m×0.9mのパネル一枚ですが、非常に手間のかかる繊細な作業です。

今日はいろいろ勉強になりました。

ペーパーのかけ方、吹き付けガンのさばき方…

見ているのとやるのとでは大違いなのは分かっていますが、

 

 

いつかは自分で直してみたい…

です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会