塗料の剥離

連休も終わりましたね!

時間の進みがいつも通りになりました。

私はずっと仕事でしたが今日からまた現場が動き出します。

まず、雨漏りに伴うバルコニーウレタン防水の乗っ込み、大田区中央で外壁サイディングや軒天井、バルコニー支柱などを塗装する現場の乗っ込み、休み中入れなかった内装塗装現場の仕上げとバタバタしておりました。

その間に明日足場を解体する外壁塗装の現場に行って最終確認なんていうのもこなしました。

 

 

その中で、サイディング塗装の現場でちょっとしたトラブル発生!

元々は無塗装サイディングのようですが、その上に塗ってある塗料が剥げてきています(>_<)

このままでは上に何を塗装しても密着は確保できません。

 

 

現場担当のE君、I君とあーだコーダとディスカッション。

結局、旧塗膜を剥離することに決定しました。

剥離剤はサイディングのダメージを考えて中性のものをチョイス。

 

早速試験施工をしました。

結果は良好!

剥離剤塗布→オープンタイム→スコッチにて研磨→水拭き

この作業を1行程として

合計2行程の剥離作業。

 

このあと、しっかり水で洗い流して…

という作業になりそうです。

 

急遽発生した剥離作業。

非常に大変な作業ですが、『剥がれない塗装』という当たり前の事を実践するためには譲れない作業です。

無料お見積りなど、お気軽にご相談下さい。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加