雨漏りの現場 川崎編です

こんばんは!

昨日は雪が降りましたね(>_<)

子供のころはあんなに楽しみだったのに、昨日の帰りは「積もらないでくれ~」と懇願してしまいました。

大人って夢がないな~とつくづく思った昨日でした。

 

 

今日は雨漏りの現調レポートをいたします。

雨漏り1

3年ほど前に弊社ではめ殺しのガラスを開閉できるように施工した部分から雨漏りです。

 

雨漏り2

 外回りはこんな感じです。建物は大手ハウスメーカーの建物です。

 

当時の施工は内側の枠だけ取って新しく枠、ガラスを取り付けた工事でした。現状では確かに建物の枠と新しく取り付けた枠のシーリングから雨漏りをしています。

 

外を見ると、某大手ハウスメーカー独特の窓まわりにアルミ製のカバーが付いています。 

 

う~ん…

 

構造的に弊社が施工した枠から雨水が入るようなことは無いと言えるのですが、どっこい思いこみは厳禁です!

 

後日、散水調査をいたしますとお客様にお話しいたしました。

 

  

そしてそして、嬉しいことにお客様からおみやげまでいただいてしまいました。美味しいおせんべい♪

ごちそうさまでございました。

 

弊社の取り付け部分かはたまた建物のシーリングか、はたまた全く違うところか、今は何とも言えませんが誠心誠意、雨漏り調査に取り組んでまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。倉方

無料お見積り等は、お気軽にご相談ください。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加