駅のトイレコーティング 仕上げです」

こんにちは!

今しがた立会川のトイレコーティングが無事に終了して会社に戻ってきました。

早速アップいたしますね」!

 

立会川8

 今日は2回目のコーティングに向けて研磨からスタートです

立会川9

研磨した時に出るホコリをバキュームで吸い取ります

立会川10

その後手作業にてキレイに拭き上げます

立会川11

そしていよいよ2回目のコーティングに入ります

立会川12

2回目が完成しました

立会川13

すごいツヤです!

立会川14

手前のタイルは施工をしていません。同じタイルとは思えないくらいツヤが出ています

立会川15

乾いてから最終確認をします

立会川16

男子、女子、多目的すべての確認が終わりました

 

今回も無事に終了しました♪駅のトイレという床にとっては劣悪な条件でもしっかりその役目を果たしてくれます。

 

クリアルピカットの性能は素晴らしいです。

その素晴らしい性能を100%発揮出来るように施工する事は簡単ではないです。

 

 

例えば、今回研磨という作業がありましたが、なぜ研磨をするのか?

 

この意味を知っていて作業をするのと知らないで作業をするのでは結果が大きく違います。

 

一つ一つの作業には理由があって施工する人間がそれを理解していることが重要です。

理解をしていれば現場の状況が変わってもその変化に対応出来ます。

 

今日もその事を実感いたしました。

 

 

 

 

 

ここまで読んでいただいてありがと委ございました。倉方

無料お見積りなど、お気軽にご相談下さい。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加