店舗内装天井塗装

麻布1

 

麻布2

こんばんは!

今日は春一番が吹きましたね!

いよいよ春!でもいいことばかりではないのです。何を隠そう私は花粉症です(>_<)

それに風が強いこの時期、外壁塗装のお仕事ではそりゃ~気を使います。

足場、養生、塗料の飛散などなど…

暖かくなるのはすごく嬉しいのですが素直に喜べない事情があるんです。

 

さてさて、今日は今週施工した麻布十番の店舗内装、天井塗装工事をレポートします。

上の写真は現場調査に行ったときの写真です。上階から漏水してジョイント部分のパテが剥がれてきています。結構重傷です。

これだけ漏水の跡があると短時間でしかも水性塗料で仕上げるのはちょっと厳しいです。

仕方がないので弱溶剤型の塗料で施工します。

 

麻布3

 まずは養生!これを怠ると後々痛い目を見ます

麻布4

ケレン、シーラーそしてパテ処理

今は下パテで大きな不陸を調整しています

麻布5

下パテ乾燥後、仕上げパテをかけます

パテ仕事は塗装職人の腕の見せ所です

いかに平らに処理できるか?

いい加減なパテ処理するとペーパーかけが大変です

麻布6

パテが乾燥後、ペーパーをあてて最終調整です

ここで仕上がりに大きく差が出ます

麻布7

一回目の塗装はローラー先行、今は際をダミ込んでいます

麻布8麻布9

2回目は刷毛を先行、最後にローラーで仕上げて完成です

 

完成です。小さい面積でしたが一から工程をかけると最低でも半日はかかります。

しかも今回は弱溶剤型を使用したので塗料臭がきつかったです(>_<)

 

でもでもお客様に『うわぁ~キレイになった♪』と言われたときは嬉しかったです。

 

 

 

 

『小さいことからコツコツと』

もともと私が独立したときは一人で一日仕事が当たり前でした。

 

今でこそまとまったお仕事を頂けるようになりましたが基本は

 

『小さいことからコツコツと』です。

忘れずに忘れずに。

 

 

 

 

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。倉方

 

 

 

無料お見積り等は、お気軽にご相談ください。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加