【失敗しない外壁塗装】シーリングの処理

外壁塗装の現場では様々な『取り合い』を目にします。例えば外壁と換気扇カバー(ウェザーカバー)の取り合い。この場合、外壁と換気扇カバー(ウェザーカバー)の間に雨水が浸入してしまうと即雨漏りとなってしまいますので外壁と接する面にはシーリングにて止水処理をします。
その時、使用するシーリングによっては塗料をハジいてしまうシーリングがあります。
代表的なのは『シリコーン系シーリング』です。このシーリングはそれ自体耐候性が高く、なおかつ安価なこともあって使用されている場合が多々あります。

この換気扇カバー(ウェザーカバー)と外壁の取り合いにはシリコーン系シーリングが使用されています。このままでは塗料はハジいてしまいます。そこで登場するのは

関西ペイント シープラです。2液型のシーリング用プライマーです。
このシープラを塗装するとハジキを抑えることができます。

シーリングの部分を刷毛で塗布します。

こちらの写真はシーリングの可塑剤(柔らかくする成分)が外壁に移行したことによる汚染(汚れ)です。こういった場合にもシープラを塗装することにより可塑剤移行を抑えることができ、外壁をきれいに保つことができます。

このシープラを塗装してからやっと塗装作業に入ることができます。シーリングによるハジキ、剥がれ、汚染などを抑制する作業を行うことが大事です。

Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)