【雨漏り修理】ALCの板間シール 深さ(厚み)が大事です

2018年12月8日

今日は一昨日足場を架けた雨漏り修理現場からです。

これは昨日の高圧洗浄写真です。

そして今日はALC板間シールを施工しました。上の写真はコーナー部分の板間シールですが、バッカーが入っていますね。しかし入れている位置がALCの表面に近いところで止まっています。これではシーリングの厚みを確保することができません。
一般的にシーリング防水は巾×深さ(厚み)の体積で止水効果を担っています。したがって深さのないシーリングでは止水を担う性能が著しく低下してしまいます。深さが少なければALC板との接している面積が少なく剥離してしまう可能性が高くなりますね。剥離したところから雨水が浸入すると2次防水機能がない鉄骨ALC造の建物はそのまま雨漏りとなってしまいます。

今回はバッカーを奥に押し込み、深さを確保してシーリング処理しました。

Call Now Buttonお問い合わせ(通話料無料)