外壁塗装の費用を、実際の施工例をもとに徹底解説!

外壁塗装を行うにあたって気になるのは費用ですよね。約10年から15年に1回の大きなイベントです。

使用する塗料などと同様にどれだけお金がかかるのか?も重要な要素です。

もちろんお客様によって金額や内容は変わりますが、ここでは実際に施工させていただいたお客様を例としてお話します。

(2階建て、外壁モルタル、屋根コロニアル)

結論としてお伝えすると、合計金額は以下のようになりました。

①共通仮設(足場) 252,700円
②外壁塗装 376,445円
③屋根塗装 190,465円
④その他 175,275円
⑤経費 60,000円
小計 1,054,885円
消費税 84,390円
合計 1,139,275円

↑スマートフォンの場合、左右スクロールをすることで表が全てご覧いただけます。

①~⑤までの要素に分かれていますので、それらについての詳細を、ご説明していきます。

①共通仮設

名称 仕様 単位 数量 単価 金額
仮設足場架け払い 2階外部足場 198 700円 138,600円
飛散防止養生 メッシュシート使用 198 250円 49,500円
屋根足場 37 800円 29,600円
足場材運搬費 1 35000円 35,000円
小計 252,700円

↑スマートフォンの場合、左右スクロールをすることで表が全てご覧いただけます。

→多くの場合、足場代を計上しています。足場といっても単管足場もあればクサビ形足場もあります。こういった使用する足場によっても金額は違いますが、現場の状況によっても違います。

例えば、道路から階段を上がって建物にたどり着く、またはトラックが入ることができずトラックから建物までの運搬が必要などの場合は通常の費用とは別に『現場小運搬』などの項目で費用が発生します。

また極端に狭く足場材を運び込むのに人員が必要以上にかかる場合も費用が発生します。

階段などがあると費用が割増し費用が発生します。

写真のように狭い場所に足場を設置するときには足場材の運び込みに人数と時間がかかるため割増の費用が発生します

また、外壁塗装と同時に屋根も塗装する場合(このパターンが比較的多いです)、屋根の勾配によっては足場をかけなければいけません。6寸勾配以上の屋根勾配になると、労働安全衛生法により、屋根足場なしでは上がることが禁止されています。当然のことですが屋根足場の費用が発生いたします。

6寸勾配以上の屋根には屋根足場が必要です。

このように足場代といっても現場の状況、建物の状況によってかかる費用が違います。

実際に私たちがお客様にご提出している金額をお伝えしています。

②外壁塗装

名称 仕様 単位 数量 単価 金額
高圧洗浄 150㎏/㎠ 121.3 150円 18,195円
大きなクラック補修 構造クラック 1 20,000円 20,000円
上記パターン補修 吹付にて近づけます 1 25,000円 25,000円
微細なクラック補修 樹脂注入処理 1 10,000円 10,000円
外壁塗装 高機能微弾性+水性シリコン2回塗り 121.3 2,500円 303,250円
小計 376,445円
↑スマートフォンの場合、左右スクロールをすることで表が全てご覧いただけます。

高圧洗浄

→まず初めに高圧洗浄を実施します。チョーキング(塗膜が劣化して表面が粉になっている状態)やほこりなどを落とします。

大きなクラック補修

→外壁に発生している大きなクラック、おおよそ0.3㎜以上のクラックや合板のつなぎ目に発生しているクラックを補修します。

サンダーを使用して大きくカット+シーリング+樹脂モルタルしごきという処理をします

上記パターン補修

外壁の模様が変わってしまいますので現状に合わせた補修をします。

補修跡を目立たなくさせるため模様を吹付けています

微細なクラック補修

→0.3mm未満のクラックには状況によって2液型ポリウレタン樹脂(クラックボンダー)注入やエポキシ樹脂(ハンドスムーサー)注入などで処理をします。

クラックボンダーを注入しています。

そしてハンドスムーサーを注入しています

外壁塗装

→高性能微弾性塗料 これは下塗りになります。サンカラーが使用する微弾性塗料は通常の微弾性塗料より密着性、防水性、防カビ・防藻性、透湿性などに優れた微弾性塗料を使用します。

→水性シリコン塗料 中塗り、上塗りとなります。サンカラーが使用する水性シリコン塗料は標準で関西ペイントのアクアシリコンACⅡと同等の塗料を使用します。耐候性、光沢、防カビ・防藻性において1液の水性シリコン塗料ではグレードの高い塗料です。

③屋根塗装

名称 仕様 単位 数量 単価 金額
高圧洗浄 150㎏/㎠+トルネードノズル 47.9 350円 16,765円
屋根塗装 遮熱仕様 屋根用シーラー+屋根用シリコン塗料2回塗り 47.9 2,500円 119,750円
縁切り タスペーサーW工法 47.9 500円 23,950円
板金部分 ケレン+エポキシ系錆止め+屋根用シリコン塗料2回塗り 1 30,000円 30,000円
小計 190,465円
↑スマートフォンの場合、左右スクロールをすることで表が全てご覧いただけます。

高圧洗浄

→屋根に付着している苔や劣化した塗膜などを除去するためトルネードノズルを使用して洗浄します。この洗浄をしっかりと行っておかないと剥がれなどの不具合に繋がります。

トルネードノズルを使用して屋根を洗浄中

左側が洗浄前、右側が洗浄後

屋根塗装

→屋根用の遮熱シーラーを使用します。
下塗りから赤外線を反射する塗料を使用することにより赤外線透過を防ぎ遮熱効果をアップさせます。

遮熱シーラーを塗装しています

屋根の中塗り、上塗りです。こちらの塗料も遮熱効果がある塗料です。

屋根用遮熱弱溶剤シリコン塗料を塗装しています

縁切り

→コロニアルの重なり部分に塗料が入り、重なった部分の水はけが悪くなる事を解消する作業です。この作業を怠ると屋根塗装から半年~2年程すると雨漏りしてしまう可能性があります。こういったことから非常に重要な作業となります。

一昔前は仕上がった屋根にカッターを入れて縁切り作業していましたが、今は『タスペーサー』という縁切り部材があり、シーラーを塗装した段階でコロニアル1枚に付きタスペーサー2枚さして物理的にスペースを開けます。

タスペーサー挿入中です

板金部分

→屋根には棟、軒先、ケラバなどに板金を使用しています。これらの部位も塗装します。

錆(サビ)止めには2液型のエポキシ系錆止めを使用します

錆止め塗装中です。このあとに屋根用の中塗り、上塗りを塗装します。

④その他

名称 仕様 単位 数量 単価 金額
軒天井塗装 ターペン可溶カチオン塗料2回塗り 10 1200円 12,000円
破風板、鼻隠し塗装 目荒し+エポキシ系シーラー+弱溶剤シリコン2回塗り 28 850円 23,800円
軒樋、竪樋塗装 目荒し+プライマー+弱溶剤2回塗り 48.5 850円 41,225円
霧よけ、フードなど ケレン+エポキシ系錆止め+弱溶剤シリコン2回塗り 1 30,000円 30,000円
雨戸 戸袋 ケレン+プライマー+弱溶剤シリコン2回塗り 19.5 3,500円 68,250円
小計 175,275円
↑スマートフォンの場合、左右スクロールをすることで表が全てご覧いただけます。

軒天井塗装

→軒先から外壁の間にある天井部分を軒天井といいます。その他、ベランダ下の天井部分や玄関ポーチの天井部分なども合わせて軒天井という表現でお見積りに記載する場合があります。

屋根と壁の間にある天井部分

破風板、鼻隠し塗装

→屋根の軒先部分にあるのが鼻隠し、切妻屋根ではケラバ部分にあるのが破風板という表現をします。昔はラワン材などが多く使われていましたが今は破風板、鼻隠し専用の建材を使用することが多くなりました。そのため、密着を確保するためにエポキシ系のシーラーを塗装してから弱溶剤シリコンを塗装する仕様としています。

鼻隠しを塗装しています

軒樋 竪樋塗装

→軒先あるのが軒樋、外壁に沿って屋根から土間まで降りているのが竪樋となります。塗装をすることにより丈夫になるとか耐候性が上がるとかの用途より美観的な用途が主な目的で塗装します。屋根や壁がきれいになって樋だけが古びた感じというのもしっくりこないですよね。

軒樋を塗装しています

霧よけ、フードなど

→霧よけは窓の上にある出幅30cm程度の小さな屋根です。板金でできています。フードは換気扇の吹出口ですね。

霧よけを塗装してます

雨戸 戸袋塗装

→雨戸や戸袋の表面を塗装します。

雨戸、戸袋塗装中です

⑤経費

名称 仕様 単位 数量 単価 金額
各所養生 サッシ、土間、隣地車など 1 20,000円 20,000円
発生材処理費 養生、廃缶、廃塗料など 1 10,000円 10,000円
一般諸経費 資材運搬費、駐車場費など 1 30,000円 30,000円
小計 60,000円

↑スマートフォンの場合、左右スクロールをすることで表が全てご覧いただけます。

各所養生

→塗料が付着してはいけない部分にビニールやテープなどを用いてカバーします。このときに使用する材料費を計上させていただいています。

発生材処理費

→工事を実施すると必ず発生するのがゴミですね。特に塗料の付着した缶や養生ビニール、使用したローラーなど想像以上に多くのゴミが発生いたします。こういった産業廃棄物を処理する費用を計上しています。

一般諸経費

→工事をするにあたって必要なのが道具や材料を運搬するための道具、車ですね。この車も動かすためには費用が発生いたします。また駐車場などの費用も発生しますので計上させていただいいています。

いかがでしょうか?合計では、

①共通仮設(足場) 252,700円
②外壁塗装 376,445円
③屋根塗装 190,465円
④その他 175,275円
⑤経費 60,000円
小計 1,054,885円
消費税 84,390円
合計 1,139,275円

↑スマートフォンの場合、左右スクロールをすることで表が全てご覧いただけます。

となります。ご参考にしていただければと思います。

無料お見積りなど、お気軽にご相談下さい。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加