【外壁塗装】軒天井もしっかりと

今進行中の現場からです。
外壁塗装には壁だけではなく付随する部位があります。

建物を下から見上げると屋根と壁の間、屋根の下となる部分を軒天井、上げ裏などといいます。
外壁塗装工事ではこういった部分も塗装します。

通常は外壁を塗装する前に軒天井を塗装します。単純に外壁を仕上げてしまうと軒天井を塗装するときに汚してしまいます。軒天井→外壁という順番ですね。

ターペン可溶カチオン塗料(ニッペケンエースGⅡ)を使用しています。

しっかりと2回塗装します。

ちなみにですが、この写真、一部塗ってありますよね。なんでこんなコトしているのか?ですが、これは塗料と基材(塗る対象物)との密着試験をしています。
塗って乾かしたあと、セロテープやガムテープを貼付け、勢いよく剥がします。
見た目にどういったモノが使われているのか不明な場合は必ず行なう作業です。

こういった仕上がってしまうとわからない作業が何年経っても剥がれない塗装となります。