大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【屋根からの雨漏り】天袋から覗くと光が...

2017年06月02日

2017年6月2日

今日は気温はあがりましたが、湿度がそれほど高くなかったのか、カラッとした暑さでしたね。これからの現場は雨、高温、多湿と苦しめられること事になります。

さて、そんな梅雨前の晴れ間ですが雨漏り現状確認に行ってきました。

木造住宅 築60年ほど 現状セメント瓦です。漏れてくる雨量はそれほどでもないというお話し。しかし時間が経過して押入れ天袋のベニアが剥がれてきてしまっているとのこと。

天袋にはバケツがあります。

天袋から屋根裏を覗くと...なんと光が見えます。そう、この光は外の光です。下地の野地板も痛んでいるのがわかります。

セメント瓦、築60年、下地の傷みあり ということを考えると部分補修は難しいと思われます。全面葺替えが理想なのですが、それができないとなると、さてどうするか?費用対効果を考えて修理の方法を模索します。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会