大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【雨漏り修理】天井から出てきたモノは

2016年11月15日

pb150019

木造2階建て、雨漏り修理の現場からです。天井を壊して出てきたモノはステンレスの舟。通常天井の中にこういったモノがあるということは雨水浸入が止まらなく、漏れてくる雨水を受けるために設置することがあります。

そしてこの雨漏りは受けたステンレスの舟と排水管との取り合いから漏れてしまったという内容。

pb150041

2階の床下です。木材が朽ちています。そしてこの上はバルコニーになっているのですが、その室内側には増築している部分の柱が乗っかっているところです。鉄骨の柱が錆びているのがわかります。

そしてこの段階で浸入被疑箇所に散水したら5分程度で雨水が浸出してきました。増築している部分と母屋との取り合い部分での浸入。

納り的にも難しかったのだと思います。

さてさてどうやって修理するのか?お客様のお考えもあります。頭の痛いところです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会