大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【遮熱断熱塗料】表面の温度差が凄いです!

2016年08月13日

2016年8月13日

今日は先日施工した屋上ウレタン防水を施工したその後にトップコートとして塗布した遮熱断熱塗料の事についてご報告いたします。

DSCN2940

雨漏りしていた屋上、アスファルト防水を剥がしてウレタン防水通気緩衝工法を施工させていただきました。その際、トップコートとして遮熱断熱塗料、『ペンタガード』を塗布してくださいとのお客様からの指示。

私自身、こういった機能性塗料を屋上に用いるのははじめてのこと。私たちにとってその塗料のもっている機能も大事ですが、施工後のハガレなどの不具合の方が気になってしまいます。なのでいままで施工は見合わせていたのですが、今回はそういったことは一切気にしないでいいとの事。また、過去に同じような施工をしてハガレなどの不具合は無いとの仲間からの情報もあり、初チャレンジです。

そして今日、温度を測定してみました。

IMG_6549 IMG_6548

屋上表面温度 32℃

IMG_6546

工場で遮熱塗料を塗布している板金笠木 表面温度 49.5℃

IMG_6547

黒色のカラーベスト(塗り替えナシ) 61.5℃

凄い差がでてしまいました。当然、色も違いますので塗料の性能だけとは限りませんが、それにしても温度差が凄いですね。

この現場、外壁もこのカラーベストも遮熱断熱塗料、『ペンタガード』を塗装します。

今度はこのカラーベストの温度がどこまで下がるのか?が楽しみです。

 

ペンタガード→http://exela.jp/product/pentaguard/

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会